まいう~! B級グルメでいいじゃん!

 ★☆★  HOME ★☆★ 

貧乏人のB級グルメ
by pickchan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Twitter
記事ランキング
カテゴリ
★和食
★中華
★蕎麦・うどん・ラーメン
★洋食
★韓国料理
★イタ飯
★カレー
★居酒屋
★その他
★読書
★気ままに散歩
★文明の利器
★pickの戯言(^_^;
★趣味の菜園
★skinにちょっかい
タグ
(664)
(317)
(170)
(146)
(110)
(87)
(65)
(64)
(52)
(40)
(35)
(33)
(28)
(23)
(23)
(17)
(14)
(11)
(8)
(5)
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by pickchan at 19:08
ブログ主様 いつも楽し..
by ara at 19:09
この泡、ジョッキの洗浄が..
by カウンター at 13:00
コメントありがとうござい..
by pickchan at 13:07
B級な割になかなか面白い..
by yossy at 12:40
フォロー中のブログ
介護・ITコーディネータ...
たまこ庵 “備忘録”
ぶらり散歩の足跡
外部リンク
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ライフログ
検索
ブログジャンル
ご訪問者さま

total   
yesterday  
today     

こちらもよろしくね(^_^;


skin by pick

カテゴリ:★読書( 170 )

| ▲ Top

「新参者」 東野圭吾 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_08564007.jpg
安達遥 著「闇猫・冴子 アンダーワールド」を読み終えた

と、言いたいところだが、1/5程読んだが・・・
どうも続きを読みたい気分にならない (^_^;
読み始めたら最後まで読む主義だが・・・今回は断念
この作者の本は数冊読んでるが、今回はチョット勝手が違った
本の帯びに書いてあった文章で先が見えたのも一因かも

てな訳で今日から東野圭吾 著「新参者」を読み始める
テレビで断片的に見たことがあるが、
ユックリ読んでみようと購入きてきた
主人公「加賀恭一郎」が小さな手がかりから、
小さい事柄の積み重ねが真実に近づくストーリーが好きなのだ
テレビでは見られない細かい部分が楽しみだ


【便利なグッズ】マグネット式USBケーブル(丸型)

以前、同様のマグネット式USBケーブルを購入して使用してた
(写真右上の角形の物)
左写真を見てわかるように、小さなピンの受けがある
反対側にあるピンが差し込まれる仕組みだが、
長期間使用してると、見た目はドッキングしてるのだが、
うまくドッキングしないのだ(ホコリが溜まるのかな?)
従って充電時間が多くかかるのだ
先日「上海問屋」ホームページをのぞいたら、
同様の物で丸型が有った
これならピンなしで問題は解決できるかもと購入した
http://item.rakuten.co.jp/donya/2017-0720-2801/
e0083004_08564973.jpg
届いた物は以前と違って細かいピンがない
比べてマグネットが強力になっている
ドッキング部分に近づけると勝手にドッキングできる
すごく使い勝手が良い
e0083004_08570249.jpg
今日アキバへ行たので、「上海問屋」によってみた
通販より300円程安いじゃん
(送料がプラスされてるから仕方ないか)
そこで2本購入してきたこんな具合にスマホ・タブレット・バッテリーに取り付けた
e0083004_08571410.jpg

[PR]
by pickchan | 2017-12-10 18:55 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

「闇猫・冴子 アンダーワールド」安達遥 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_12254720.jpg
東野圭吾 著「悪意」を読み終えた
手記・記録・独白・回想という形で物語りが展開する
主人公「加賀恭一郎」は刑事になる前に一時教師をしていた
国語教師をしていた「野々口修」は現在児童文学者になっている
加賀が教師をしていた時の同僚でもある

野々口と幼なじみの「日高邦彦」はある作品で人気作家になっていた
日高と野々口は作家どうしであり交流があった
日高が妻と一緒にカナダへ移住するので最後の別れに日高家を訪れた
出発の前日に日高が殺害される事件が起こった

加賀恭一郎は元の先輩教師で同僚「野々口修」と再開する
殺害事件当日に日高家を訪問した野々口に様子を聞くためだった
アリバイはあるが違和感を感じた加賀は独自の感で捜査を開始する
ある出来事で警察的には一件落着するのだが、
加賀は納得せず個人的に野々口と日高の生い立ちまで遡り捜査を始める
東野圭吾らしいストーリーに仕上がって読み応えがあったな

今日から安達遥 著「闇猫・冴子 アンダーワールド」を読み始める
この本は友人から貰った中の一冊だ
彼はこの作家がお気に入りらしく過去に数冊読んだ
本の帯に「福祉が金に化ける街 一体、誰がだれを喰ろうとんや」とある
弱者を喰いものにしてる奴らの物語だと推測する
どんなストーリーが展開するのかな?

【整理ボックスを自作した】

俺の机は作り付けで横長で普通の倍以上ある
先日、棚の扉を作成した時に部品を多めに購入したので余っている
使ってないスペースにピッタリの寸法で整理ボックスを作る事にした
キッチリ寸法を測り木材を調達!
e0083004_12255620.jpg
こんな感じで整理ボックスで作成完了!
底面にはゴム製の足を付けたのだが・・・
設置の位置合わせで苦労した (^_^;
これじゃ裏面の掃除も苦労する
e0083004_12260641.jpg
ゴム製を止めてキャスターを付けたら
滑り過ぎてこれも扉を開けるたびに動いてしまう (^_^;
小さなキャスターなのでストッパー付きがないのだ
そこで手前だけゴムで後ろだけキャスターにした
手前を少し持ち上げると位置合わせも簡単で大成功だ
e0083004_12262038.jpg
こんな感じでピタリと空きスペースに納まったよ
e0083004_12263241.jpg

[PR]
by pickchan | 2017-12-04 12:27 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

「悪意」東野圭吾 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_06211519.jpg
渡辺裕之 著「偽証(オッドアイ)」を読み終えた
前作で警視庁・自衛隊・米海軍が強力して事件を解決したが、
形上の更迭で伊豆の離島の駐在にさせられた主人公(朝倉)だが、
のどかな離島暮らしを満喫していた

ある時廃屋に置いてある新品の釣り竿とリールが放置されてた
持ち主を捜すうちに前作で一緒に捜査した
自衛隊中央警務隊捜査課(国松)が、
中央警務隊隊長の後藤田をともなって現れる
おまけに警視庁公安部は暴力団の連中も現れた

北海道で自衛隊特選群の訓練中にヒグマに襲われ隊員が死亡した
この事故に疑念を持った後藤田
自衛隊の事故に警察が捜査をするわけにはいかない
課長の桂木の許可を得て後藤田が動いた
朝倉をカンボジアに出向させる名目で、
後藤田が上層部に働きかけ朝倉の身分を、
中央警務隊の二等陸尉として捜査に加わる事になる
自衛隊を除隊した時の階級、で国松より3つも上の階級だ

訓練に参加したメンバーと一緒に、
報告書にもとづき訓練時と同じコースをたどる事になる・・・
前作同様に少しまわりくどいがストーリーは面白かった
三作目があるようなので今度探してくる

今日から東野圭吾 著「悪意」を読み始める
裏表紙に加賀恭一郎の名があるので、
一連の作品の一冊だろう このシリーズは好きなので、
楽しみながら読めそうだ

【DIY】

三週連続で週末は大雨 仕方なく部屋に籠もってた
部屋を見渡すと・・・棚が雑然としてるなぁ (^_^;
棚に扉がないから仕方ないのだが・・・
良し!DIYで扉を付ける事にした(笑)
e0083004_06212304.jpg
扉にする板はホームセンターで購入して、
蝶番を取り付ける穴は加工してもらった
e0083004_06213339.jpg
問題は扉を固定するスライド蝶番
・ゆっくり閉まるダンパー内蔵
・閉まった状態を保持するキャッチ付き
・ワンタッチ脱着

ホームセンターで探したらない (^_^;
ネットで探したら
「3D スライド 丁番 ダンパー内蔵 脱着式 キャッチ付き 35φ」を発見
ついでに扉のつまみも購入した
e0083004_06214368.jpg
作業開始から約2時間!
仕上がりは想像した通りに出来上がったと自己満足してる(笑)
蝶番を取り付け位置にドリルで穴を開けて取り付けた
一番苦労したのは、観音開きの位置合わせだった
今回使用した蝶番は前後左右に約5mm程度調整できるのだが
左右4個の蝶番調整は結構時間がかかった (^_^;
座っていて手の届く部分には部扉を付けなかった
部屋に入った瞬間・・・やっぱ少し雰囲気が変わったよ
本職に負けない出来映えでしょ(笑)
e0083004_06215324.jpg

[PR]
by pickchan | 2017-11-09 06:22 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

「偽証(オッドアイ)」渡辺裕之 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_10003560.jpg
渡辺裕之 著「叛逆捜査(オッドアイ)」を読み終えた

警視庁捜査一課刑事(朝倉)は元自衛隊特殊部隊所属だった
米軍との合同演習で怪我をした結果オッドアイになる
事務部門への転属を命じられるが除隊、その後警察官になった
自衛隊練馬駐屯地で自衛官の殺人事件が起きる
翌週には朝霞駐屯地で殺人事件が勃発
被害者は首から上を切断&破壊という残忍なものだ

秘密裏に自衛隊中央警務隊捜査課(国松)が捜査を始めるが、
軽視総監の命で合同捜査が開始されるが、
自衛官の経験がある朝倉は国松と捜査を行う事になる
内部調査の結果外部の犯人説が浮上してきた
一方沖縄キャンプ・ハンセンで海兵隊が殺害される

米海軍犯罪捜査局特別捜査官(ハインズ)が捜査を始め、
部下のアパーノが横須賀から現地に飛んだが、
二日後にアパーノは殺害された

現実には実際にあり得ない事だが
警視庁・自衛隊・米海軍の捜査官が協力して事件解決に向かう
渡辺裕之著書は初めて読んだが・・・
少し説明が回りくどい感じがしたがストーリーは面白かった

今日から渡辺裕之 著「偽証(オッドアイ)」を読み始める
3日に友人と飲んだ時に貰ったものだ
同じ作者なので続けて読むことにする
今度はどんなストーリーなのか楽しみだ


[PR]
by pickchan | 2017-10-13 10:04 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

「叛逆捜査(オッドアイ)」渡辺裕之 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_16572435.jpg
東野圭吾 著「赤い指」を読み終えた
親との同居を拒否し子供に甘い妻(八重子)
妻には反論できない夫(前原昭夫)はサラリーマンだ
ある日帰宅すると、息子が小学生の少女を殺害し庭に放り出してあった
妻は警察に届けるのを断固反対する
仕方なく夫は少女を箱に入れて公園のトイレに遺棄する

この捜査に当たったのが松宮だった
松宮は母子家庭だったが加賀隆正の援助で育ったので、
入院してる隆正を良く見舞っていた
隆正が看護婦と将棋をするのを楽しみにしている・・・
あれ?・・・加賀・入院・将棋・・・
もしや加賀恭一郎が出てくる?

本書の中間頃から加賀恭一郎が登場してくる
少女殺人事件の捜査本部が立ち上がり捜査一課の松宮は、
所轄の練馬署で加賀恭一郎と組まされる
恭一郎独特の捜査とスジ読みは松宮を驚かせる
この本は「新参者」以前の作品だったんだな

今日から渡辺裕之 著「叛逆捜査(オッドアイ)」を読み始める
この本は先日友人と飲んだ時に貰った本だが470ページと長編だ
この作者は初めて知ったし著作を読むのも初めてだ
作家により文章の流れが変わり読みづらい事もあるが、
果たして俺に馴染むかな? (笑)

【腰の調子が良くなってきた】

腰痛で整体へ行った時に、身体全体の骨格の検査をした
普段の姿勢が悪いのが腰痛のひとつの要因だと言われた (^_^;
椅子に座ってる時間が長い日は確かに翌日腰が痛い・・・
ダイニングから椅子を持ってきて、
しばらく使用したが調子が良いように思えた
このままでも良いのだが、肘掛けがないと居眠りできないからね(笑)
約1ヶ月前にシンプルで姿勢を保てそうな?椅子を購入した
背もたれが自然の姿に近いS字カーブになっている
背もたれは座面と別稼働になってるので、
最大170度まで倒せるが、S字カーブはキープされている
e0083004_16580129.jpg
俺は昔から椅子の上で胡座をかくクセがあるのだが、
この椅子は横幅が狭いので胡座をかくことができない (^_^;
出来ないのがかえって姿勢を良くするには良いのかもね
今までの椅子は粗大ゴミで捨てたが、
身体が椅子に包まれる感じで楽なんだけど、
この楽な姿勢が腰痛を引き起こしていたのかもね
ソファーもあまり良くないようだね
e0083004_16581008.jpg

[PR]
by pickchan | 2017-09-14 16:58 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

「赤い指」東野圭吾 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_10261652.jpg
池井戸潤 著「シャイロックの子供たち」を読み終えた
舞台は旧財閥系のメガバンク東京第一銀行である
各階層で出世争いを行い、
時には仲間を陥れたり、イジメあり、
出世をしたくて架空融資をしたり・・・
中には責任に耐えられずに自殺する者さい出る始末だ

一度でも組織で働いた者なら、
この本の中身は痛いほど経験してるのでは?(笑)
俺自身は出世などに興味はなかったし、
技術屋だったので評価は周りにいる他部門の者が判断する
だからムダな労力を使い出世など必要なかったが、
営業部隊は本書にあるように、自己犠牲は当たり前で、
会議の席では叱責の嵐を目の当たりにした (^_^;

本書は組織の悪い部分が目立つが、
話題の東芝しかりで、昔を引きずった企業・組織は崩壊する
もっと透明性・公平性が担保できる企業になって欲しいな
今日から東野圭吾 著「赤い指」を読み始める

これも数冊購入した内の一冊だ
好きな作者で購入したので中身は不明だが、
楽しめるような予感がする


[PR]
by pickchan | 2017-09-06 10:26 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

「シャイロックの子供たち」池井戸潤 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_16575024.jpg
宮部みゆき 著「クロスファイア」を読み終えた
主人公の青木淳子念力放火能力(パイロキネシス)を持つ
卑劣な奴らをこの能力を使って亡き者にする
放火犯を担当する女性刑事石津ちか子と、
幼い時に自分の弟が目の前で焼き尽くされた過去を持つ
変人扱いされてる牧原刑事が事件を追う
事件を追う中で青木淳子と同様の能力を持つ少女と出会う刑事2人
一方青木淳子はガーディアンなる法律では裁けない卑劣な犯罪者を、
処刑する組織を知り仲間に加わる事を決めるのだが・・・
読み始めは現実離れしていて少し引いたが、
展開が面白く上下巻で970頁を越える長編だが、
最後まで飽きずに読めた さすが宮部みゆきだ(笑)

今日から池井戸潤 著「シャイロックの子供たち」を読み始める
書店で数冊購入した内の一冊なので今回も内容は皆目分からない
池井戸潤の著作は『下町ロケット』以来だ

【プルーム・テック】
先日フィリップモリスの「icos」を購入したが・・・
臭いが好きになれず俺には合わないようだ (^_^;
代替を探していら、
日本たばこ産業から「プルーム・テック」が発売されている
http://www.ploom.jp/
いざ購入と思ったら、ネット予約でしかも抽選じゃん (^_^;
サイトを見ると、地域限定で福岡と東京の煙草屋で予約販売してるじゃん
何度かアクセスして運良く新宿の酒屋の予約が取れたので、
指定日時に行って購入してきた
e0083004_16575970.jpg
パッケージの中には、
本体・USB充電器・ACアダプター・ソフトケースが入ってる
写真は本体にカートリッジを付けた状態です
e0083004_16581064.jpg
「プルーム・テック 専用たばこカプセル」は3種類ある
鋭いメンソール風味の「Cooler Green」、
芳醇なタイプのメンソール味の「Cooler Purple」、
レギュラータイプの「Regular」
俺は「Regular」を12個購入してきた
箱の中には1本の専用カートリッジと、
たばこカプセルが5個入っている
吸った感じだが、俺的には中々気に入っているし、
臭いがほぼないように感じる
スイッチのような物はなく、吸い込むと電源が入る仕組みで、
連続吸いや中断などができる
カプセル一個で煙草5本分程度吸える
icosの欠点をカバーしてるが、専用たばこカプセルは、
ネットのプルーム・テックサイトでしか購入できないが、
全国展開になれば「icos」同様コンビニで買えるだろう
e0083004_16582289.jpg

[PR]
by pickchan | 2017-08-22 16:59 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

「クロスファイア」宮部みゆき 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_16294057.jpg
安達 遥 著 県警対自衛隊「サマワの悪魔」を読み終えた
県警対自衛隊「共喰い」の最後に「第一部了」と書いて有ったが、
「サマワの悪魔」での主人公は前作の新米刑事「溝口」であり、
前作で一緒に事件に関わった海上自衛隊の「柘植」である
「溝口」は前作の事件で機密漏洩に関する事情聴取で東京へ来ていた
事件で亡くなった自衛官の妻と偶然出会うが殺害されてしまう
「柘植」は警務隊として東京に赴任していた
「溝口」に近寄って来た女性は自衛官の妻の妹と名乗る
題名にある「サマワ」に派遣された自衛官が除隊して事件に関わってくる
さまざまな議論が有った「安保法制」が成立し、
自衛隊に行動に対する法律が変わった
今まで以上に自衛隊の活動が広がり危険も増してくる
少し突飛すぎてリアリティには欠けるが自衛隊法に対する、
疑問を呈したかたちだがそれなりに面白かった
今日から宮部みゆき 著「クロスファイア」を読み始める
内容は不明だが上下巻あるので長編になる
ゆっくり楽しみながら読むことにする
【Internet Explorer 11 の不具合】
ブラウザ(IE11)の不具合が日に日に増してきたので、
苦肉の策としてブラウザをChromeに変更した
具体的にはMy rakutenとinfoseekにアクセスできないのだ (^_^;
だが・・・2週間前までは問題なかったのだが・・・
アクセスすると、
【Web サイトが原因でエラーやクラッシュが発生した場合、
Internet Explorer はこの Web サイトの復元を試みます。
この Web サイトの復元の試みは、
無限ループを避けるため 2 回試行した後停止します。】

こんなメジャーなサイトにアクセスできないブラウザはゴミ以下だぜ
解決策を探ったがブラウザ(IE11)が原因なのは間違いないと思い、
アンインストールしたらIE8が現れた(これがディフォルトかな)
このIE8の状態で不具合サイトにアクセスすると何の問題もない
やっぱIE11が原因のようだ
e0083004_16295155.jpg
このまま使い続けるのはセキュリティの問題もあるので、
再度IE11をインストールして例のサイトにアクセスすると・・・
やっぱ同じようにダウンしてしまう (^_^;
ブラウザをChromeにして使い慣れてきたのか快適だ
自分なりにカスタマイズしたので時間のロスもなくなった
しばらくはこの状態で使用することにする
何かヒントを掴んだらまた挑戦してみる
アドバイスが有ったら教えてください
e0083004_16300498.jpg

[PR]
by pickchan | 2017-07-07 16:31 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

 県警対自衛隊「サマワの悪魔」安達 遥 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_21330518.jpg
浅田次郎著「きんぴか3(真夜中の喝采)」を読み終えた
今回の構成は一杯のうどんかけ・真夜中の喝采・裏町の聖者・
チェスト!・軍曹・バイバイ・バディ

どの章も多少現実離れして奇想天外な流れだが、
チョッピリ泣かせながら、笑わせる流れはどの章も同じだ
ベッドの中で一人笑ってる様は異様だな (^_^;
色々説明するより是非このシリーズを読んでもらいたいな
今日から安達 遥 著県警対自衛隊「サマワの悪魔」を読み始める

以前、同著者の県警対自衛隊「共喰い」を読んで面白かったので、
シリーズがないかと探していたら先日本屋で偶然見つけた
今回も警察と自衛隊の衝突のストーリーだろうが、
題名からすると自衛隊の海外派遣も絡んでくるのかな?
楽しみながら読むことにする

【icosを購入した】

オリンピックを控え受動喫煙防止だの飲食店禁煙だのと、
多額の税金を納める高額納税者である
愛煙家には辛い時代が迫ってきた (^_^;
喫煙所でicosを使用してる人が増えてきたので、
icosのサイトへアクセスするとキャンペーンで3000引き
コンビニでも割引がきくのでローソンのクーポンを手に入れた
目の前のローソンで予約できないか聞いたら受け付けない・・・・
近所にあと2件あるので聞いたら同様の答えだ
店に行って偶然あれば購入できるそうだが、
いつ入荷するかも入荷個数もまばらで不明だそうだ (^_^;
これじゃ購入できねぇじゃん!
icos店舗は予約できるが、
一度クーポンを発行するとicos店舗では使えない(泣)
きょう菜園の入り口近くのコンビニ「ポートスト」がある
名前は違うがローソンと同じ看板なので、ダメモトで入った
e0083004_21332150.jpg
「icosは予約できますか?」と聞いたら、予約は出来ないけど
一個だけなら有りますだってヽ(^。^)丿 速攻で購入してきた
e0083004_21333581.jpg
フレーバーも6種類でているので、
http://iqossan.com/iqos-new-heatstick-review/
「バランスドレギュラー」を購入してみた
ジムから帰って実際に吸ってみた・・・
3時間半の煙草なしの後ではわ有ったが結構満足できた
icosの科学的なデータは下記です
https://ecoeco-taizen.com/life/11340.html
俺は毎月に30箱まとめ買いするので、まだ20箱残ってる (^_^;
これを吸い終わったら「icos」オンリーにしてみるかな
e0083004_21334577.jpg

[PR]
by pickchan | 2017-06-16 21:37 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

「きんぴか3(真夜中の喝采)」浅田次郎著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_11295354.jpg
浅田次郎著「きんぴか2(血まみれのマリア)」を読み終えた
今回もひとりで笑いながら読んだ(笑)構成は
嵐の夜の物語、血まみれのマリア、クリスマス・ロンド
カイゼル髭の鬼、天使の休日、だ
今回も前作と同じ真面目で一途な悪党3人
定年退職した元刑事が、
色々な事件を巻き起こすのだ
本の題名にある「血まみれのマリア」は、
大学病院の救急救命センターの40歳の看護婦長だ
病院のドクターで血まみれのマリアを知らない者はいない
ドクターがダメだという患者を血まみれになり救助する看護婦だ
ピスケンがこのマリアと係わりを持つことになる・・・
今日から浅田次郎著「きんぴか3(真夜中の喝采)」を読み始める

きんぴかシリーズの三作目だ
並の人間とチョイと外れた真面目な悪党の行動が面白い
今回も笑わせてくれるだろう

【1.3mmのシャープペン】

メモ書きやチョイとした図面のラフなどを描く時に、
普通のシャープペンだと紙の質などで良く書けない時がある
電話を聞きながらのメモでイライラする時がある
だいぶ前から芯が1.3mmのシャープペンを使用している
芯が1.3mmのシャープペンみなさんは知っていましたか?
知らなかったのは俺だけか? (^_^;

入っていた芯がなくなってしまったので、
近所の文具店へ買いに行ったら置いてない (^_^;
先週末に上野の松坂屋へ寄ったら
「ぺんてる」から発売されていた
ちなみに本体は「コクヨ」だけど問題ない
これを使い始めたら止められないね
e0083004_11303246.jpg

[PR]
by pickchan | 2017-05-26 11:38 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top