まいう~! B級グルメでいいじゃん!

<< 蕎麦処「新ふじ」(池之端) ★...  ★☆★  HOME ★☆★  へぎ蕎麦「こんごう庵」(御徒町... >>

貧乏人のB級グルメ
by pickchan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
Twitter
記事ランキング
カテゴリ
★和食
★中華
★蕎麦・うどん・ラーメン
★洋食
★韓国料理
★イタ飯
★カレー
★居酒屋
★その他
★読書
★気ままに散歩
★文明の利器
★pickの戯言(^_^;
★趣味の菜園
★skinにちょっかい
タグ
(738)
(328)
(196)
(146)
(124)
(96)
(70)
(65)
(54)
(42)
(35)
(33)
(28)
(23)
(23)
(17)
(14)
(11)
(8)
(5)
最新のコメント
araさん コメントあり..
by pickchan at 18:31
明けましておめでとうござ..
by ara at 11:59
コメントありがとうござい..
by pickchan at 19:08
ブログ主様 いつも楽し..
by ara at 19:09
この泡、ジョッキの洗浄が..
by カウンター at 13:00
フォロー中のブログ
介護・ITコーディネータ...
たまこ庵 “備忘録”
ぶらり散歩の足跡
外部リンク
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...
ライフログ
検索
ブログジャンル
ご訪問者さま

total   
yesterday  
today     

こちらもよろしくね(^_^;


skin by pick

「眠りの森」東野圭吾著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_21425014.jpg

東野圭吾著「祈りの幕が下りる時」を読み終えた
主人公の加賀恭一郎は聞き覚えのある名前だったが、
映画で見た「新参者」の主役である刑事(阿部寛)だった

仙台のスナックで働く田島百合子は体調を崩し休んでいた
雇い主である宮本康代が様子を見に行ったら亡くなっていた
亡くなった百合子こそ加賀恭一郎の母親だった
百合子は子供と亭主を捨て家を出たのだ
そして精神的な支えとして綿部という男性を知り合った
彼は原発関連の仕事をし、各原発の仕事を求めて全国を渡り歩いている

百合子は亭主と子供を捨てて家を出た人間だ
綿部から百合子から息子のが杉並区の住んでいるときかられる
名前は「加賀恭一郎」だった
何とか恭一郎にたどり着き、母百合子の遺骨と出会う
百合子の少ない荷物を引き取った恭一郎だった

事件は演出家「浅居博美」を岐阜から訪ねてきた、
同級生が訪問後に「押谷道子」が殺害される
しかも全く繋がりにない小岩のアパートで発見される
ここから捜査は迷走に入る
まさか・・・・実母、百合子との繋がりが有ったとは・・・
結構楽しめた一作だった

てな訳で今日から東野圭吾著「眠りの森」に入る
主人公がリ加賀恭一郎の作品をチョッピ読んで見たくなったのだ
読み終わった作品と前後関係は不明だが、内容で勝負だな(笑)
by pickchan | 2017-01-13 13:43 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top
<< 蕎麦処「新ふじ」(池之端) ★... へぎ蕎麦「こんごう庵」(御徒町... >>