まいう~! B級グルメでいいじゃん!

 ★☆★  HOME ★☆★ 

貧乏人のB級グルメ
by pickchan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Twitter
記事ランキング
カテゴリ
★和食
★中華
★蕎麦・うどん・ラーメン
★洋食
★韓国料理
★イタ飯
★カレー
★居酒屋
★その他
★読書
★気ままに散歩
★文明の利器
★pickの戯言(^_^;
★趣味の菜園
★skinにちょっかい
タグ
(700)
(322)
(182)
(146)
(120)
(95)
(69)
(65)
(53)
(40)
(35)
(33)
(28)
(23)
(23)
(17)
(14)
(11)
(8)
(5)
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by pickchan at 19:08
ブログ主様 いつも楽し..
by ara at 19:09
この泡、ジョッキの洗浄が..
by カウンター at 13:00
コメントありがとうござい..
by pickchan at 13:07
B級な割になかなか面白い..
by yossy at 12:40
フォロー中のブログ
介護・ITコーディネータ...
たまこ庵 “独り言”
ぶらり散歩の足跡
外部リンク
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
ライフログ
検索
ブログジャンル
ご訪問者さま

total   
yesterday  
today     

こちらもよろしくね(^_^;


skin by pick

タグ:読書 ( 182 ) タグの人気記事

| ▲ Top

「ブルータスの心臓」東野圭吾 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_10011954.jpg
東野圭吾 著「変身を読み終えた
主人公「成瀬純一」は強盗殺人未遂事件に巻き込まれ、
頭に銃撃を受け脳の損傷を受ける
そこで世界初の脳移植手術を受ける
手術は成功し闘病生活を続けたが、
成瀬本人が徐々に違和感を感じ始めた
趣味の絵のデッサンを始めたが微妙にタッチが変化してきた
退院し会社に復帰したが、
以前は大人しく自ら発言などしない人間だったが、
同僚や上司にズケズケと批判して職場を替えられてしまう
性格や言動は移植した脳の影響ではないかと疑問を持ち、
病院から脳提供者の情報を手に入れる
提供者の生存時代の性格や行動などを自ら調べるが、
とても自分の変化に当てはまる行動・言動は皆無だった
成瀬自身が段々自己コントロールが不能になり始めた
成瀬はこの脳移植に何かがあるのではと不信感を抱き始めた
以外な結末でどんでん返しがある、後は本を読んで下さい(笑)
今日から東野圭吾 著「ブルータスの心臓」を読み始める

またまた東野圭吾だ (^^;
彼の本は色々な事を題材にし、中には笑える物もあるが、
裏表紙に大阪→名古屋→東京を結ぶ完全犯罪殺人リレーとある
何故か引き込まれる予感がするな(笑)

【USB Type Cケーブル】

手持ちの機器はマイクロUSBだけなので、
スマホの機種変時にタイプCの高速充電専用ケーブルを買った
今回arrows Be F-04Kを手に入れたので、
高速データ転送を試す事にした
そこでデータ転送ケーブルをAmazonで探した

BRG usb type c ケーブル1.2m,急速充電 高速データ転送
参考価格:¥ 3,599  セール価格:¥ 699
セール価格とはいえこんなに安くて使えるのかなぁ?
ダメなら捨てれば良いと思い昨日注文した

e0083004_10014069.gif
本日午前中に届いた
価格が安いので大丈夫かと思ったが問題なさそうだ
収納する袋まで付いていた
おまけなのかマイクロUSBからタイプCへ変換器が付いている
これは使えば今までのケーブルが無駄にならないから便利かもね
e0083004_10013150.jpg

[PR]
by pickchan | 2018-08-07 10:02 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

「変身」東野圭吾 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_09184348.jpg
安達遥 著「悪漢刑事(洋上の饗宴)」上下巻を読み終えた
と、言いたいところだが上巻を半分まで読んで止めた! (^^;
前に読んだ悪漢刑事も漫画チックで現実離れしてたが、
この本も官能小説とも言えない中途半端なストーリーで、
目線が先に進まない (^^;

友人が入院する前に持ってくれた物だが、
受け入れられない物は仕方ないよねぇ
小説はストーリーがワクワクしながら先に進まなきゃね

てなわけで、今日から東野圭吾 著「変身」を読み始める
裏表紙には、平凡な青年が不慮の事故に遭い、
世界初の脳移植手術を受ける物語のようだ
悪漢刑事を忘れギヤチェンジして読み始める事にする(笑)

【マウスパッド】

現在使用してるマウスパッドがボロになってきた (^^;
と、言ってもリスト部分だけなんだけどね
夏場になるとリスト部分に汗をかくから余計に気になる
e0083004_09185236.jpg
昨日アキバへ行ったので物色してきた
品ぞろえが豊富なヨドバシに入った
平板の板型パッドからリスト単独の物、
パッドとリスト部分一体型等色々ある
e0083004_09190149.jpg
今まで使用してた物と同様に一体型を購入してきた
リストの高さも今までと同じ位で使い勝手が良い
表面の滑りが良いのでカーソルを見失う (^^;
設定でカーソル移動速度を落として落ち着いたよ(笑)

e0083004_09191290.jpg

[PR]
by pickchan | 2018-07-17 09:20 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

新・悪漢刑事「洋上の饗宴」 安達 揺 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_11094095.jpg
渡辺裕之 著 冷たい狂犬「北のジョーカー」を読み終えた
入院中の暇つぶしに読書をしてたのでいつもより早いペースだ
主人公「影山夏樹」は自分が経営するカフェで新聞を読んでいた
三面記事の片隅に死亡記事の隣の求人広告に目が留まる
広告には 「天地は青空に向かって微笑んでいる
      あなたの才能を至急求む バイ・トリュフォ」


影山は広告をのせた新聞社の知り合いに、
この広告を載せたクライアントを調べてもらったら、
インターネットを通じて申し込まれ匿名で入金もあったそうだ

影山が現役の公安調査員の頃、北朝鮮で活動中にケガを負う
その時にフランスの医師団のホリーヌに助けられた
この詩はフランスのモーパッサンの詩の冒頭に文書であり、
ホリーヌが愛読してる事を思いだした・・・
影山は助けを求めるメッセージだと確信しフランスに向かう
案の定、医師団に参加した人たちは次々と殺害され、
ホリーヌだけが失踪してる事を知る
少ない手がかりの中ホリーヌの救出に奔走する影山だが・・・


今日から安達遥 著「悪漢刑事(洋上の饗宴)」上下巻を読み始める
先日入院する前に友人が持ってきた本だ
読みかけが有ったので自宅待機させていた
悪漢刑事シリーズは何冊か読んでるが、
俺の好みと若干の差異がある(笑)
作品によって俺の好みと違う方向にいく時もある (^^;
上・下巻あるので上巻のストーリー次第だな(笑)
目次の次に船内の見取り図が2ページに渡ってかいてある?
何か面倒くせえ内容なのかな?
前にも書いたが作者のペンネーム「安達揺」は男性と女性の合作なのだ


[PR]
by pickchan | 2018-07-04 11:09 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

冷たい狂犬「北のジョーカー」 渡辺裕之 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_10300642.jpg
渡辺裕之 著 冷たい狂犬「紅の五星」を読み終えた
主人公「影山夏樹」は自分のカフェで使用する
コーヒー豆の買い付けにインドネシアに出向く
骨とう品も店で売れるので同時に仕入れるために市場に向かう
そこで声をかけられた
声の主は前作で対決した中国の諜報員「梁羽」だった

バリ島に行くために空港で搭乗手続きをしてる時に、
爆弾テロに遭遇してしまう
飛行機が飛ばないので数日延期をすることにしてホテルに落ち着く
朝食をとろうとレストランに向かうと見知らぬ人物から声をかけられる
「梁羽」がお待ちだと・・・
行ってみりと以外な言葉を聞く
「フリーのエージェントとして仕事を手伝って欲しい」と
最初は断るのだが問題の趣旨を聞き引き受ける事になる
元公安調査庁の調査官の経験を生かし、
インドネシア・タイ・フィリピンを舞台に動きまわる影山だ

今日から渡辺裕之 著 冷たい狂犬「北のジョーカー」を読み始める
冷たい狂犬シリーズの3作目
今回はフランス・スイスなど北欧が舞台だ
また奇想天外な展開になるのだろう
て、入院中だったので半分は読み終わってるけど(笑)


【病院食】
人生で初めての入院を体験した
手術の日は一日絶食!
翌朝初めての病院食
主食は胃に負担をかけないためか「おかゆ」だ(^^;
高野豆腐と人参の煮つけ、ほうれん草とツナの和え物
牛乳と味噌汁・・・

腹が減ってたので何と書く胃袋に収めた
e0083004_10301543.jpg
昼の主食は普通のご飯になったがおかずがねぇ
アジの塩焼き&アスパラ、山菜和え物
けんちん汁と何故か焼き海苔

e0083004_10302871.jpg
夜はご飯に、
鯖の梅肉焼き・野菜炒め煮・松味楽・オレンジ
何故か汁物がついてない?
e0083004_10303809.jpg
この飯には耐えられないので食事をすべてキャンセルした (^^;
翌日の朝は院内のコンビニで
サンドイッチと野菜ジュース&ヨーグト
昼と夜は家内に弁当を作ってもらいました(2日間)
e0083004_10305017.jpg
29日は点滴と尿管のクダが取れたので、
昼夜は院内のレストランで飯を食いました
普通の「かつ丼」だったけど凄く美味く感じたよ(笑)
コンビニより不味い飯はダメだよねぇ (^^;


[PR]
by pickchan | 2018-07-01 10:28 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

冷たい狂犬「紅の五星」 渡辺裕之 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_17054095.jpg
渡辺裕之 著「冷たい狂犬」を読み終えた
主人公「影山夏樹」はカフェのオーナーだが、
公安調査庁の調査官として働いていた過去がある
ある日居場所もわからないこのカフェに元上司の緒方がが現れた
元同僚の真木麗奈だけには居場所を教えていた
夏樹の復職を餌に場所を聞き出したらしい

夏樹は現役時代は中国や北朝鮮の反日組織情報収集を担当し、
非合法な手段でいくつもの組織を壊滅させた
中国や北朝鮮の組織から「冷たい狂犬」と呼ばれて恐れられていた

後日、真木麗奈が訪ねてきて任務の内容を告げた
公安調査庁課長から検察庁そして内閣調査室室長補佐になった
安浦良男が中国と繋がり極秘情報を流しているので
その証拠を掴むのが仕事だと告げる
公安調査庁を退職するきっかけになった事件は
麗奈と組んでやった事件だったので結局一度だけ協力することにした
夏樹と麗奈はともに韓国に渡り中国の諜報員「梁羽」と対峙する

今日から渡辺裕之 著 冷たい狂犬「紅の五星」を読み始める
冷たい狂犬シリーズの2作目だ
裏表紙を見ると商用で訪れた東南アジアが舞台のようだ
前作同様にまた諜報活動をするのだろう

【ビアガーデン】

先日友人達を会った時に、
一人が最近ビアガーデンに行った?聞いてきた
俺も含めて3人が行ってないと答えた
俺も30年以上行ってねぇな・・・
最近はどんな具合が行ってみるとこにした (^^;
e0083004_17054825.jpg
席にとくと若い娘がメニューをもって注文とりにきた
昔はチケットを購入して席についたように記憶してるが・・・
メニューの品ぞろえもレストランなみに充実している
まわりを見渡すと女子だけのグループが結構いた
気楽に飲めて女子にも人気があるのだろう
騒がしい居酒屋よりは快適な環境かもね (笑)
e0083004_17055902.jpg

[PR]
by pickchan | 2018-06-10 17:07 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

「冷たい狂犬」 渡辺裕之 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_12580049.jpg
東野圭吾 著「疾風ロンド」を読み終えた

泰鵬大学医科研究所から「K-55」と呼ばれる炭疽菌が盗まれた
研究所長の東郷雅臣の所へ三億円の支払いを求める脅迫状が届く
送り主は元研究員の葛原克也だった
葛原はワクチン開発と同時に生物テロの研究を独自に行い「K-55」開発
この事により研究所を解雇されたので「K-55」の存在は公表されてない
脅迫状には写真が添付されていた
雪山の一本の木にペディキュアが打ち付けてあり
その下に「K-55」が埋めてあり、発信機が取り付けてあると・・・
ところが警察から連絡があり葛原は関越道で事故に遭い死亡したと・・・
所長の東郷は責任のがれを画策し警察に届けず部下の栗林和幸に、
写真を頼りに「K-55」の回収を命じた
普通の流れなら凄いストーリでハラハラドキドキなのだが、
これが少し漫画チックに描かれてるので気楽に読めたよ
今日から渡辺裕之 著「冷たい狂犬」を読み始める

彼の著書「オッドアイ」シリーズを3冊読んで、
この作者に興味をもっていた
先日書店に寄った時にこの冷たい狂犬シリーズを3冊購入してきた
裏表紙には公安調査庁を退職してカフェを営む主人公が
以前の上司から依頼を受けて何か行動をするらしい
オッドアイも少し現実離れしてたが臨場感が伝わってきた
このシリーズも期待ができそうだ

【不用品の再利用 (^^;】

スマホやタブレットに使用してるタッチペンだが、
2本あるうちに青い方がタッチしても感度が悪くなった
徐々に反応しなくなってきた
「静電容量方式」と呼ばれる方式だから、
単純に先端部分がダメになったのだろう
これも何かのおまけで貰った物だけどね(笑)
e0083004_12581099.jpg
先日スマホケースを購入した時に、
おまけで短いタッチペンが付いてきた
しかも2本もね(笑)
これは短くて使用に耐えない (^^;
そこで、こいつをバラして先端部分だけ入れ替える事にした
外した先端部分を青いペンの先と交換したら凄く感度が良くなった
捨てようかと思ってが捨てなくてよかったよ(笑)
e0083004_12581854.jpg

[PR]
by pickchan | 2018-05-21 12:58 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

「疾風ロンド」 東野圭吾 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_18135745.jpg
東野圭吾 著「嘘をもうひとつだけ」を読み終えた
内容は以下の短編五編
・嘘をもうひとつだけ
・冷たい灼熱
・第二の希望
・狂った計算
・友の助言

主人公(加賀恭一郎)が彼独特の観察力と、
事実の積み上げで犯人を特定するのだ
俺的には加賀恭一郎を読むなら短編は少し物足りない
やっぱ長編でしょう!

今日から東野圭吾 著「疾風ロンド」を読み始める
東野圭吾の本を数冊まとめて購入したうちの一冊だ
強力な生物兵器が盗まれ、回収する物語のようだ
「嘘をもうひとつだけ」が少し物足りなかったので、
この本には期待したいな

【AUKEY 18W 10000mAhモバイルバッテリーPB-Y13】

AUKEYが発売記念で20%オフセールをやってたので購入した
・USB PD&QuickCharge 3.0に対応
・Quick Charge 1.0より2倍速く、
・充電スピードは従来のQuick Charge 2.0と比較して38%速い急速充電可能

パッケージの中は写真の通りだ
e0083004_18140471.jpg
左側のオレンジの方が充電スピード用です
真ん中はマグネット式USBタイプCのソケットを取り付けました
側面には従来のUSB接続ソケットがあります

e0083004_18141517.jpg

[PR]
by pickchan | 2018-05-07 18:14 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

「嘘をもうひとつだけ」 東野圭吾 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_17191954.jpg
宮部みゆき 著「スナーク狩り」を読み終えた
毎日読むのが楽しみになる作品だった
兄の援助を受けて何ひとつ不自由なく生活してる関沼慶子
は道楽でクレイ射撃をやっていた
元教員で、釣り具店フィッシャーマンズ・クラブに努める織口邦男
そして織口の同僚の佐倉修治は客として関沼慶子の顔見知りだった
関沼慶子は大学を卒業し司法試験に6回も挑戦していた
国分慎介を援助していたが喧嘩別れてしまった
その国分慎介の結婚式の日から事件が始まる
裏切られた思いがある慶子のもとに、
国分の妹範子は金銭面も含めて兄の援助をしていた慶子に
結婚式の行われる事を知らせた
ここから思わぬ方向に事件が始まる
これ以上は・・・書かない事にする(笑)

今日から東野圭吾 著「嘘をもうひとつだけ」を読み始める
本の帯に加賀恭一郎「第六の事件」と書いてあるので購入した
ここシリーズは10巻あるようだが過去に5冊読んだ
「眠りの森」「悪意」「赤い指」「新参者」「祈りの幕が下りる時」
このシリーズを5冊読んで、加賀恭一郎のファンになってしまった(笑)
小さな事実を積み重ねる観察力で事件を解決するのが良いね
今度はどんな事件に直面するのか楽しみだ


[PR]
by pickchan | 2018-04-23 17:19 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

「スナーク狩り」 宮部みゆき 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_12120906.jpg

東野圭吾 著「歪笑小説」を読み終えた (^^;
この作者の本は多数読んでいるが、
ナミヤ雑貨店の奇蹟」同様に系統の違う作品だった

出版社の編集者は会社側の意向を踏まえて、
作家と対峙するのだが、一筋縄ではいかない作家や、
戦略的にどうにもならない作家もいる
全編にわたり笑いながら読ませてもらった他の作品と比較して同一作家の本なのだろうか?(笑)
たまには肩の凝らない本も読むべきかもね

今日から宮部みゆき 著「スナーク狩り」を読み始める

この本も歪笑小説と一緒に購入した本だ
裏表紙に書いてある文字をみて迷わず購入(笑)
人間の本質を抉るノンストップ・サスペンス」だ
彼女のサスペンスは奥深いからね

【alt-ime-alt】

パソコンで英字と日本語入力切り替え
、長年「altIME」というフリーソフトを使用していた
切り替えを右alt Keyに割り当て、
右altKeyがトルグになり、alt Keyを押すたびに、
英字と日本語が切り替わり便利だった

windows10になり「altIME」を入れたがうまく作動しない (^^;
色々と探してみた結果、
名前は似てるが便利なソフトにたどり着いた
名前は「alt-ime-alt」

http://www.karakaram.com/alt-ime-on-off

今までは右altKeyがトルグだったので、
左右のalt Keyを使用するので最初は戸惑った (^^;
少し使用してたら慣れてきたので便利に使用してる
これは絶対に使った方が便利ですよ


【CpuMeter】

Windows7の時はガジェットでCPUMeterを使用して、
現在の負荷を監視していた
動きが重い時に見るとバックグラウンドでダウンロード
してるなんて事もあった
Windows7でwindowsUpdateでトラブルが有ったも重宝してた

Windows10になりガジェットが消えた
復活する方法もあるのだが・・・・面倒そうだ (^^;
簡単に設置して小さい物がないかと探してみた
少し古いがWindows10で動作確認済みの「CpuMeter」が有った

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/hardware/se504045.html

我が家のPCの右上に張り付けてあります
週一回のバックアップの時は目視できて便利です
e0083004_12121837.jpg

[PR]
by pickchan | 2018-03-26 12:13 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top

「歪笑小説」 東野圭吾 著

【画像をクリックすると拡大します】
e0083004_10051763.jpg
渡辺浩之著「オッドアイ(斬死)」を読み終えた (^^;
前2作同様に主人子はK島に勤務する警察官(朝倉)だが、
元自衛隊特殊部隊で退官後に警視庁捜査一課刑事になる
K島でのんびりしてたが、自衛隊中央警務隊捜査課(国松)より連絡がある
国松も前2作同様に朝倉とからんでいる

一作目では日本の自衛隊駐屯地で首を切断する事件が起こったが、
今回はグァム駐屯地の空軍と海軍で首を切断する事件が相次いだ
米海軍犯罪捜査局特別捜査官(ハインズ)が、
日本政府・警視庁に圧力をかけ、
自衛隊中央警務隊を通じて、朝倉に協力要請がくる
朝倉と国松はハインズと共にグァムの駐屯地に乗り込む

国内駐屯地の事件の犯人マリクは死亡したはずだが、
グァムで起きている連続殺人の手口がマリクと同じ手口だ
朝倉と国松そしてハインズは連続殺人解決に向けて動き出す

今日から東野圭吾 著「歪笑小説」を読み始める
先日本屋へ寄った時に購入した中の一冊だ
裏表紙に”新人編集者が小説業界の内幕を描く”と書いてある
たまには毛色の変わった本もいいかなと思ってる

【 WinFD for Windows 】

DOSの時代から愛用してたWinFDだが、
今まで使用してたwindows7では問題なく使用出ていた
Windows標準のエクスプローラはマウスオンリーで、
せっかちな俺は手とマウスの同時使いなんでいまいち使い勝手が悪い

今回OSをwindows10にしたら動作が不安定で困っていた
長年使用してた「Win FD」が半ば諦めていた
それなら同じようなソフトを探そうと検索をしてたら
【WinFD】Windows10でも動きます」の記事を見つけた
思わずヤッタ!とガッツポーズ (笑)

http://ds.skr.jp/report/misc/winfd.html

早速、記載通りの手順でレジストリの削除を実施してみた
その後起動すると・・・あらら、今まで通りに使える!
俺と同じようにWinFDファンはいるんだな

実はWin FDの作者(出射氏)は2004年に若くして亡くなってる
今更ながら凄い遺産を残してくれましたね 感謝・感謝です m(_ _)m


WinFDに興味のある方は下記の記事を読んで下さい
https://news.mynavi.jp/article/20121120-FD/
https://news.mynavi.jp/article/20121120-FD/2

e0083004_10300329.gif

[PR]
by pickchan | 2018-03-12 10:06 | ★読書 | Comments(0) | ▲ Top